運営母体ご寄付状況 | 感動秘話コーナー よくある質問お問合せサイトマップ
           
●日本のサンゴ礁を次世代へ
〜 ジュゴンやたくさんの生きものがすむサンゴ礁の海を守ろう 〜

海にかこまれた日本にくらすわたしたちの毎日は、海との深い関わりの上に成り立っています。

気が遠くなるほど長い年月をかけて地球のメカニズムとして作られた海辺を、わたしたちはわずか約半世紀の間に急激に破壊してしまいました。

サンゴ礁を持つ先進国はごくわずか。

日本が世界の自然のホットスポットと言われる理由がこの海にあります。日本自然保護協会は、 海辺をしらべ、政策提言を行っています。

とくに、沖縄のジュゴンがくらす辺野古の海、地域の貝とりや海藻とりの場でもあった泡瀬干潟の保護に取り組みます。

【活動国】    日本国内(沖縄県)
【支援対象者】 自然
【支援分野】  環境保全
   
●日本の森を持続可能に 〜AKAYAプロジェクト 〜

群馬県みなかみ町北部に広がる約1万haの国有林『赤谷の森』を、地域住民・NGO・行政のパートナーシップで共同管理していくプロジェクトです。

ここはかつてスキー場、ダムなどの大規模開発が計画されましたが、地元の反対運動などもあり、そのまま自然の姿が残りました。

それぞれの得意分野を生かし、生物多様性の復元と持続的な地域社会づくりを進める日本初の試みを進めています。

【活動国】    日本国内(群馬県)
【支援対象者】 自然
【支援分野】  環境保全
   
●日本のKBA(生物多様性重要地域)の選定・普及活動
〜貴重な自然環境を守り続けるために〜

KBAとは、Key Biodiversity Areaの頭文字で、生物多様性の鍵になる地域、生物多様性の保全上重要な地域なのです。という意味です。

哺乳類、鳥類(IBAを採用)、爬虫類、両生類、魚類とトンボ類を対象にした調査の結果、日本全体で228か所、国土の18%にあたる66,000kuがKBAに選ばれましたが、その約半分が保護されていない状況にあることが分かりました。

なお、50の河川を、“KBA候補”としています。世界では、生物多様性の保全上重要な地域に保護地域を拡大すること、種の絶滅を起こさないこと、などを2020年までの目標に掲げています(生物多様性条約の「愛知ターゲット」参照)。

KBAの保護はこの目標の達成に不可欠です。現在、日本の国土の約20%が何らかの保護地域に指定されていますが、KBA全てを守るためには、保護地域を国土の28%にまで拡大する必要があります。

【活動国】    日本
【支援対象者】 自然
【支援分野】  環境保全
   
●地球温暖化防止の取組み


産業革命以前からの平均気温の上昇が2℃を超えると様々なリスクが上昇し、人類の生存に大きな影響が出ると言われています。このままの状況が続けばあと30年足らずで2℃を超えてしまうでしょう。

私たちは、地球規模の環境問題の解決のためには、地球全体や将来世代のことを考えることのできる市民・環境NGOの役割が重要と考えています。

情報に精通し、自立し行動する市民(環境NGO)・消費者の存在なくして、地球規模の環境問題の解決はないと確信し、「気候変動枠組み条約締約国会議(COP)に毎年参加し、世界のNGOと協力して情報収集や意見交換を行い、その情報や成果を広く日本の市民に情報提供を行い啓発活動を行っています。

さらに専門家の協力を得て、日本でのCO2削減の可能性を検討する「CASA2030モデル」を開発し、政府・市民への提言活動を行っています
ます。
【活動国】    主に日本
【支援対象者】 一般住民
【支援分野】  環境保全
   
●市民の力で進める再生可能エネルギーの普及

CO2の排出量を削減し、温暖化を防止するためには、エネルギー構成を転換する必要があります。
石油や石炭などの化石燃料を利用する社会、安全性に不安のある原子力発電を利用する社会から、温室効果ガスを排出せず、枯渇しない再生可能エネルギーを利用する社会へ転換してくことが必要です。

太陽光・水力・風力・地熱・バイオマスなど再生可能エネルギーは地域のエネルギーであり、市民など地域主体が利用するのに適したエネルギーです。

CASAは、CASAが母体となり設立した自然エネルギー市民の会と連携し、地域の人たちと協働してこれまで5つの市民共同太陽光発電所を設置しています。

【活動国】    日本
【支援対象者】 一般住民
【支援分野】  環境保全
   
●八王子・宇津木の森 里山再生プロジェクト 〜みんなで取り組む森づくり〜
薪や炭を燃料にしたり、落ち葉を集めて畑に入れたり、かつて暮らしと密接に関わり循環していた里山の自然。ライフスタイルが変わった今、人の手が入らなくなり荒れています。

森を身近に感じて暮らすことが、里山の循環を取り戻す第一歩。東京八王子・宇津木の森で、森の産物を活かしながら保全作業を進めています。
【活動国】    日本国内(東京都)
【支援対象者】 自然
【支援分野】   環境保全