運営母体ご寄付状況 | 感動秘話コーナー よくある質問お問合せサイトマップ
 
 

 

◎ 日本における「寄付文化の創出」を目的とし、歩んでまいりました。
おかげ様で役割を果たさせていただき、今後は引き続き皆様のご支援をいただきながら、
更なるよりよい社会の実現に向けても歩んで参ります。

当サイトは2001年(平成13年)3月に、開設の運びとなりました。
当時日本におけるインターネット個人普及率はまだ30%台後半でした。(総務省「通信利用動向調査」より)

既に欧米では、NGO(民間市民団体)が政府や企業等と肩を並べ社会の大切な役割を担う存在として認知され、インターネット上で多くの活動資金を調達していました。しかしながら日本のNGOはまだ社会的認知度も低く、インターネット上で活動資金を得るという手法そのものがまだこれからという時期でした。

開設5年前の1995年阪神・淡路大震災が発生、欧米から多くのNGOが支援に駆けつけ、また日本国内でも多くのボランティアの方が支援活動に関わられることになりました。これが日本におけるNGO(民間市民団体)の転換点となり、ボランティア元年と呼ばれ、NGOが社会的に認められるきっかけとなったと言われています。

しかしながらインターネット上で活動資金を調達するという段階にはまだ至っていませんでした。そこで、NGOをサポートする存在としてNGOの活動を分かりやすくお伝えし、市民の皆様に応援していただく、その循環をつくり、日本における寄付文化を創っていきたいという思いで本サイトを開設させていただくこととしました。

おかげ様で多くの皆様に支えていただき、2016年5月で開設15年となりました。
日本においても 様々な場面で「寄付」という言葉を聴くようになり、関係者一同、まずは役割を果たさせていただいているのではないかという思いでおります。

*******************

今後も引き続き、寄付者の皆様の思いをつなぐ存在として活動してまいります。
た、更により良い社会の実現に向けても歩んでまいります。

具体的には下記のような社会を目指しています。

・南北格差の解消
・化学中心の農業・土のあり方から、自然循環に基づく農業・土のあり方への移行
・企業における利益優先主義から社会・環境共生への移行
・化石燃料を中心とするエネルギーから、自然エネルギーへの移行


またあわせまして下記の活動をおこなってまいります。

・温暖化による沿岸部土壌浸食及び気候変動の緩和につながる活動

・現状及び将来への指標に関する市民社会への啓蒙活動

今後ともご支援いただけますよう、宜しくお願い申し上げます