運営母体 NGO関連ニュースご寄付状況 | よくある質問お問合せサイトマップ感動秘話コーナー

           

特定非営利活動法人
緑のサヘル

Action for Greening Sahel
緑のサヘルのHPへ
前ページへ戻る
 
       
西アフリカのチャドとブルキナファソで、砂漠化を 防止するため、
様々な活動を続けています。
現地の人々が行う環境保全や生活改善を支援しています。


写真:「私たちは子供たちのために木を植えます」
苗木を手にして喜ぶ女性たち。
   
NGO名称 特定非営利活動法人 緑のサヘル
所在地 〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町16番 NASビル3階
設立年月 1991年3月
代表者 岡本 敏樹
事業対象分野 植林・森林の保全、農村開発、農業、適正技術、給水・水資源、食糧・飢餓、女性
事業形態

人材派遣、緊急救援、情報提供、調査研究

活動対象国 チャド、ブルキナファソ、タンザニア連合共和国
設立の経緯 1980年代に起こったアフリカの大飢饉に際して、「食糧が余っているところがある一方で、絶対的に不足しているところがまだたくさんある」という事実に衝撃を受け、生活が基盤から脅かされている現地の住民に対して、現在と将来の生活の回復を図るための行動を起こさなければとの思いを強く抱いた有志により、1991年、東京において設立された。2014年、NPO法人格を取得。
組織の目的 砂漠化により生活が危機的な状況にさらされているアフリカ・サヘル地域の住民に対して、日本の市民活動として支援を行なうことを目的にしている。
海外活動

1.苗木配布、植林支援
2.植生保護区の設置
3.栽培地の生産性改善
4.粘土製・金属製改良カマド普及
5.収入改善支援
6.講習会・環境教育の実施
7.現地団体支援

国内活動

1.活動報告会、勉強会の開催
2.各種イベントへの参加
3.画像・パネルの貸出
4.修学旅行生の受け入れ
5.講師派遣
6.ニュースレターの発行
7.オリジナルカレンダーの販売

定期刊行物

「La Foret,C'est la Vie!(ニュースレター、年4回、800部)
「年次報告書」(800部)

視聴覚資料

「サヘルの生活、砂漠化の現状、活動紹介」に関するラミネートパネル(A3サイズ)
「サヘルの生活、砂漠化の現状、活動紹介」に関する画像(写真またはデータ)

今後2年間に予定
されている主な事業
1.小学校緑化支援
2.岸植林活動
3.養蜂活動
4.農業生産改善活動
5.家畜飼育支援活動
6.女性組合活性化支援
意思決定機構 総会、理事会
事務局スタッフ

有給専従−−−国内0名、海外2名(うち現地スタッフ1名)
有給非専従−−国内3名
無給非専従−−国内0名

会員制度

正会員(個人158名、団体10団体)

財政

2012年度の詳細はこちら
海外の主な
協力団体

・環境保全と牧畜のための青年グループ(AJPEE、ブルキナファソ)

年会費 正会員:一般15,000円、団体75,000円 賛助会員:学生5,000円、個人10,000円、団体50,000円
100円で出来る
NGO活動
3本の苗木を植えことができます。  詳細はこちら
連絡先

TEL:03-3252-1040
FAX:03-3252-1041
Email:agsj_tokyo@sahelgreen.org
当サイト担当:岡本敏樹