運営母体ご寄付状況 | 感動秘話コーナー よくある質問お問合せサイトマップ
 

特定非営利活動法人
緑のサヘル

Action for Greening Sahel
緑のサヘルのHPへ
緑のサヘルの詳細データ
「植林活動」についてはこちらへ
緑のサヘル とは…

アフリカ・サハラ砂漠の南縁に「サヘル(アラビア語で岸辺・境界)」と呼ばれる地域があります。

かつてこの地域には豊かな緑があり、サハラをはるばる渡って来た旅人にとっては、まさしく緑の岸辺でした。

しかし今、この地域では砂漠化(乾燥化と土地の劣化)が進んでおり、緑が急速に失われつつあります。


緑を失った大地には直射日光が照りつけ、水分を奪ってしまいます。
叩きつける風雨は土の栄養分を剥ぎ取り、流し去ってしまいます。
土地は荒廃し、緑の成育も難しくなってしまいます。

現在、サヘル地域は農業生産力が著しく低下し、飢饉が頻発することから「飢餓ベルト」とも呼ばれています。
また、井戸や池が涸れ、汚水を使わざるを得ないために疫病が蔓延している村も少なくありません。

薪を採取するのに、50℃を越える炎天下を何時間も歩き続けなければならない村もあります。強烈な日差しや熱風、砂塵にさらされ、飢饉や疫病に怯える毎日−地域住民の生活は危機的な状況にあります。

「緑のサヘル」という団体名には、「サヘル地域に緑を蘇らせ、人々の生活を豊かにしたい」という願いが込められています。

その実現には現地の人々が、日々の生活の中で常に環境を守ろうとする意識や積極的に行動する意欲を持ち続けなければなりません。また、最終的に成果を上げ得るだけの知識や技術も持たなければなりません。

そのためにはまず、命を支える食糧や水を確保し、生活を安定させることが必要です。

「緑のサヘル」は、「木を植える」ことよりも「木を植えることができる生活作り」が、そして「何本の木を植えたか」よりも「何人の人間が育ったか」が重要だと考えています。

これまでに「緑のサヘル」が行ってきた活動は、穀物種子の貸出し、野菜・大豆・米の栽培指導、備蓄倉庫の建設、井戸の掘削、改良カマドの普及等々、多岐にわたっています。その結果、チャド、ブルキナファソの両国で植えた苗木は計50万本を越えました。そしてその半数以上が、村々の人たちが飢饉の年にさえ休むことなく、自ら苗を育て植え続けたものです。

「緑のサヘル」は、現地の人々の生活を考慮し、これからもそこに住み続けることが出来るような環境を、人々と共に整えることを目指して、活動に取り組んでいます。 

【主な事業T】

現在とこれからの生活のために

1970年代の干ばつにより、衰退してしまった地域環境。それは結果として穀物生産性の低下を招いています。
それでも住民は、このような土地で生活を営み、これからも続けていこうとしています。

地域環境の回復と保全は、自分達の生活を回復し、保全することだと強く意識している住民達への支援を始めています。

【活動国】    ブルキナファソ
【支援対象者】 男性、女性
【支援分野】  環境保全・土壌保全

【主な事業U】

1校1林!次世代へつなぐ環境

乾季になると吹き渡る熱風、舞い上がる砂埃。それでも子供たちは、日々の勉強に熱心に取り組んでいます。

自分たちの学校に木を植えることは、子供たちにとって、学習環境を整えるだけではなく、自分たちの未来を守ることでもあります。その未来を引き寄せるため、先生や両親と共に学校緑化の取り組みが始められています。

【活動国】    ブルキナファソ
【支援対象者】 子ども、教師、保護者
【支援分野】  環境保全・生活改善

   

【主な事業T】
現在とこれからの生活のために
  現在の活動(ブルキナファソ)

環境局の取り組みと地域の住民の意識の高まりによって、違法伐採は減少しています。
しかし、毎日の調理に薪を用いなければならない住民は、薪集めの作業が負担になっています。
天然林の伐採は禁止されていますが、植林した木であれば伐採しても構いません。

販売することの出来る用材の生産と薪材の調達林として利用することを目的に、毎年、複数の村で、1村あたり2,000本の植林を行なっています。

植林は2008年から行なっており、次第にこんもりとした林地になってきました。一部の村では、2013年から用材として販売され始めました。

現地では土地の劣化が進んでおり、穀物の収穫量が低迷しています。
30年前の4分の1にまで減少した村もあります。

収穫した穀物だけでは1年間を過ごせないため、不足分を購入しています。
また、塩や油など、調理に必要な食材も購入しなければなりません。
このほかにも、子どもの学費や家族の医療代など、生活のあらゆる局面で、現金を必要としています。

現金収入の手段は限られていますが、女性たちが行なう家畜飼育・肥育(羊を肥らせて販売する)を支援し、家計収入の改善を進めています。

地域の在来種は、日常生活に利用されています。
在来種の果実は食用になるほか家畜の餌として利用することが出来、樹皮や葉、根が薬用として使用されています。
つまり、地域植生の劣化=在来種の減少は、地域住民の生活の困窮化にダイレクトに結びついてしまうのです。

植林では樹種が限定されてしまうため、生活の回復を図るような森林形成を行うことが困難です。
そこで、地域にまだ残っている在来植生を保護し、劣化を防ぐことを目的に、緑の保護区を設置しています。緑の保護区は、ミツバチにとって大切な蜜源となるため、地域の生態系回復にもつながります。

1970年代に行なわれていた綿花栽培では、農薬が使用されました。このため、地域にはミツバチが少なくなってしまいました。このことが、受粉に昆虫を必要とする樹種の更新を妨げることになり、地域植生の劣化を招いた一因となっています。

これまでも蜂蜜採取は行なわれていましたが、伝統的な方法では採取時に容器を壊してしまうため、ミツバチが拡散していました 。
養蜂箱を用いることで、ミツバチの離散を防ぐことが出来ると共に、蜂蜜の生産量を増やすことも出来ます。近隣村から大勢の人が買いに来るようになっています。
   
  緑のサヘル 活動概要
「緑のサヘル」は1991年3月、アフリカ・サヘル地域において進みつつある砂漠化を食い止め、危機的状況にある地域住民の生活を回復することを目的に設立され、2014年にNPO法人格を取得しました。2001年にはサヘル地域における長年の活動が評価され、外務大臣表彰を受けました。
また、2012年には、毎日新聞社の地球未来賞のうち「クボタ賞」に表彰されました。

チャド共和国では1992年2月、中部のバイリ地域において林業・農業・適正技術等、多分野にわたるプロジェクトをスタート、93年5月には北部のトゥルバ地域にも活動を広げ、2004年11月には現地スタッフを中心とした「緑のサヘル・チャド」を立ち上げ、団体の現地化を図りました。また、2004年から2006年には、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)との提携も経験しました。 現在は現地の住民グループや組合、NGO等の支援に力を入れていますが、治安が不安定なため渡航が難しく、現在は携帯電話やインターネットで現地とのつながりを維持しています。

ブルキナファソでは1996年10月より、北部のタカバングゥ地域において土壌保全と食糧増産を目指して活動を開始、2004年4月からは環境省が行う砂漠化防止技術移転プロジェクトに現地協力団体として参加し、2007年4月には中部のコングシ地域に活動拠点を移しました。2009年からJICA草の根技術協力パートナー事業を開始し、2012年から同事業のフォローアップを行なっています。

タンザニア連合共和国では、2011年に新たな自主事業の開始に向けた調査を行ない、現在準備を進めています。
 
  これまでの活動内容


◆1994年:飢饉を回避するための活動

1994年、チャド全土を飢饉が襲いました。中でも「緑のサヘル」の活動拠点であったバイリ村とその周辺地域は、最も大きな被害をこうむり、懸命な救援活動にもかかわらず100名を越す餓死者が出てしまいました。飢饉が去った後、「緑のサヘル」は地域の人々と共に、飢饉の発生を防ぎ、万一飢饉になっても被害を最小限にとどめるには、何をしなければならないのかを懸命に話し合い、様々な取り組みを行いました。

穀物・作物種子の貸出しや共同農場への支援等で地域の食糧を増やし、飢饉の可能性を下げるだけでなく、米・野菜・大豆などの栽培普及、淡水魚の養殖などで食糧の種類を増やし、飢饉の危険分散も図りました。食糧の確保を難しくしている原因は、生産量の不足だけではありません。現金収入を得るために、やむなく収穫した穀物を地域外へ売却してしまうことも大きな問題でした。「緑のサヘル」は果樹栽培の普及によって、この地域を産地化し、現金収入の向上に努めました。また、収穫した穀物や作物を保存する備蓄倉庫の建設を進め、住民と共に不測の事態に備えました。

【写真】
深刻な食糧不足や飢饉が発生すると、来期栽培用の種子(種籾)すら食べつくしてしまうため、翌年の穀物栽培が困難になってします。現在、住民組合によって備蓄されている穀物は、食糧不足の時の備えであると同時に、種まき用の種子でもあります。

   


◆2001年:飢饉における活動

2001年、再び飢饉が発生しました。バイリ地域でも前年の不作によって食糧が不足し、6月以降は本格的な飢饉の様相を呈してきました。
7月中旬には、ついに木の根を食べ始める住民が出るほど差し迫った状況になりました。食べるものが充分に行きわたらない子どもたちの目は輝きを失い、遊びまわる体力さえありません。 飢饉になって最初に犠牲になるのはこうした子どもたちですし、次が体力の衰えたお年寄りです。

「緑のサヘル」は、おかゆの炊き出しを始めることにしました。炊き出しは約2ヶ月半に及び、この間に約19万食のおかゆを子どもたちやお年寄りに提供することができました。結局、バイリ地域は当初心配されていた犠牲者を一人も出すことなく、この飢饉を乗り切ることができました。
しかし、これは炊き出しの効果のみによるものではなく、前回の飢饉時と比べて食糧の枯渇期間が短かったこと、住民の基礎体力が向上していたことが、大きな要因となりました。前回の飢饉以降、地域住民と「緑のサヘル」が共に考え、行動してきた成果と言えます。

【写真】
食べるものが充分になく、痩せ細ってお腹が出た子どもたち。この炊き出しによって救われる子どもも多い。
   
  最近の活動内容
◆2010年〜2011年:給水タンクの設置

ブルキナファソでは、敷地内に水道施設を持たない小学校が多くあります。
生徒たちは、毎日、自宅から水を入れたペットボトルを持参しています。

ペットボトルの水は飲むためだけでなく、トイレの後の手洗いなどにも使われます。
また、水源を持っている小学校でも、井戸や水道が1つしかない場合が多く、休み時間などには生徒がいっせいに集まるため、利用できない生徒もいます。

小学校における水利用と衛生改善を図るために、ワガドゥグ市ブルミウグ学区の16校に対して、教室ごとに30リットルの容量を持つコンクリート製の給水タンクを設置しました。

【写真】
教室に設置された給水タンク
   
◆2010年〜2011年:改良カマドの導入

ブルキナファソでは、都市部には電気や水道といった生活インフラが整備されており、プロパンガスも売られています。しかし、地方での整備は進んでおらず村落部には提供されていません。

村では、日常の調理に薪が使われています。薪集めの労力を軽減するために植林を行なっていますが、利用できるまでには5年以上の月日が必要です。

現在の労力軽減を図るために、燃焼効率の良い改良カマドの導入を行ないました。
導入に際しては講習会を行ない、知識と作製技術の習得を図りました。

従来の3つの石を置いただけのカマドでは、1家庭あたり約600kg/月の薪を消費していましたが、粘土製改良カマドの使用により約250kg/月に減少することができました。
女性たちは積極的で、自分たちで村内普及を進め、47家庭に94個が設置されました。

【写真】 村の女性による粘土製改良カマドの作製
 

【主な事業U】
1校1林!次世代へつなぐ環境
  現在のブルキナファソでの活動
現地では、塀のない広い空間に校舎がぽつんと建つ小学校の姿をよく見かけます。
日本のように2階や3階建てではありませんが、セメントを使った立派な建物です。
しかし、地方では電気が届いていないので、教室には扇風機や冷房はもちろん、電灯さえありません。
また、教室数が少ないので、複数の学年が同じ教室で同時に学習しています。

乾季の暑さに加え、むき出しの校庭を吹き渡る熱風を防ぐためによろい戸を閉めることがあり、教室内の温度は高く、学習に集中することが困難です。

写真>:植林前の小学校の様子(2008年)

2007年から開始した小学校緑化支援プロジェクトは、現在、第2期に入っています。参加している小学校は、10校です。
1校あたり40本の苗木を配布しますが、植える苗木の種類や植栽場所などは小学校が決めます。

保護者や教師の協力を得ながら、生徒が苗木を植えます。
長期休暇の間は管理人が苗木の面倒を見ますが、乾季の間の水やりは生徒が行ないます。
苗木の1本1本に担当する生徒が決まっており、バケツやジョウロを使用して水やりをします。

写真>:生徒たちによる水やり

植えられた苗木は、きちんと囲わなければなりません。
現地の小学校は、校舎はレンガで造られた立派なものであっても、敷地全体が塀で囲われていることは稀です。
このため、牛や羊などの家畜の群れが、一年を通して校庭を行き来しており、せっかく植えた苗木が食べられてしまうことがあります。
これを防ぐためには、苗木を防護柵で囲う必要があります。

これらの防護柵は、木の枝を用いて村の人たちが作製します。
苗木が大きくなるにつれて、上にずらしていきます。

写真>:家畜の食害から苗木を守るために柵で囲う

植栽から3年後の苗木の様子。

生徒たちのきちんとした取り組みの結果、校庭に立派な林が生まれました。
少しずつですが、このような小学校が地域に増えています。
苗木を植えるだけならとても簡単なのですが、1本の苗木を、立派な木にすることは、手間と時間がかかる大変な作業なのです。
生徒たちにとって苗木の植え付けは、貴重な体験となります。
そして、その苗木が大きく成長していくのを目の当たりにすることは、充実感をもたらします。
目にするたびに、「自分たちが植えた木だ」と誇りに感じることでしょう。

写真>:大きく成長した苗木(2013年)

毎年、苗木の植栽から1年後に、評価と成績発表会を行なっています。
評価は、教育局と環境局、現地の協力団体のスタッフで構成した調査団が各校を巡回し、学校の取り組みや成育している苗木の本数などを確認し、採点します。この結果をもとに、成績発表会が開催されます。
プロジェクトに参加した全ての小学校から代表者(校長、教師、生徒2名、保護者)が出席し、植栽結果の発表が行なわれます。
しかし、緑のサヘルではこの発表会を、結果の優劣を競うのではなく、各校の取り組みを評価し、情報交換や相互に刺激を受ける場として考えています。
このプロジェクトは教育局からも評価されており、多くの小学校から参加希望が寄せられています。

写真>:2013年の最優秀校の代表者