運営母体 NGO関連ニュースご寄付状況 | よくある質問お問合せサイトマップ感動秘話コーナー

           
※国際協力NGOについては原則として1団体につき主な2つの事業のご紹介をしています。
  当サイトでご紹介する事業以外にも、様々な国で様々な事業を行っております。詳しくは各団体のHPをご覧ください。
 
 
民際センターのHPへ
民際センター詳細データ
NGO紹介ページへ
民際センター とは…

公益財団法人 民際センターは、経済的貧困のため就学できないラオス・ カンボジア・タイ・ミャンマー・ベトナムの子どもたちが教育を受けて自立し、地域発展に貢献できるような人材育成を目指す支援を、「ダルニー奨学金」の提供という形で行っています。
【主な事業T】

子どもの就学の夢を叶え、将来を開く
「ダルニー奨学金」


ダルニー奨学金は、年14,400円〜 の支援で、メコン地域(ラオス・カンボジア・タイ・ミャンマー・ベトナム)の貧困のため教育の機会に恵まれない子どもたちの進学を支援する、国際教育里親システムです。
【活動国】    ラオス・カンボジア・タイ・ミャンマー・ベトナム
【支援対象者】 子ども
【支援分野】  教育
【主な事業U】

ラオスの子どもに1000の図書セットを
届けるキャンペーン
「Lao-Library1000」
本が少なく読書の機会に恵まれないラオスの子どもたちに図書セットをおくるプロジェクトです。
【活動国】   ラオス
【支援対象者】 子ども
【支援分野】  教育
   
 

【主な事業T】
子どもの就学の夢を叶え、将来を開く「ダルニー奨学金」
  1対1の顔の見える支援です
 
自分が支援する子どもの成長が実感できる里親型の寄付制度です。

ダルニー奨学金は、支援する方が、どの子どもを支援しているかがはっきりわかる、里親型の奨学金制度です。

支援される子どもも、誰が支援してくださっているかがわかる1対1の顔の見える支援です。
   
  わかりやすい支援システムです
 
年に14,400円(1ヶ月あたり1,200円)で1人の子どもが1年間学校に通えます。

ダルニー奨学金は、14,400円(1ヶ月あたり1,200円)で1人の子どもが1年間学校に通うことを支援する制度です。

奨学生は、学校の成績ではなく「(経済的な)貧しさ」を基準に、県教育委員会や教師らが選考委員となって選考しています。


現金を支給するタイでは、奨学金が生活費などに使われないように生徒名義の銀行口座から教師との連署でのみお金が引き出せるシステムが確立されており、ラオスやカンボジア・ミャンマーでは制服や教材・カバン・靴などの学用品を現物支給しています。

ベトナムでは現金が学校に提供されます。そして学用品を購入し奨学生に支給します。
   
  延べ38万人以上の子どもに奨学金を提供しています
 
多くの方の子どもの未来を思う心に支えられ、毎年約1.5万人、延べ38万人以上の奨学金を提供してきました。

1987年より開始したダルニー奨学金は、毎年約1.5万人、今日までにラオス・カンボジア・タイ・ミャンマー・ベトナムの延べ38万人以上の子どもに奨学金を提供してきました。

支援いただいている方の多くは個人の方々で、子どもたちが学校で学び、自分の夢を実現してほしいという多くの想いに支えられています。

支援者の方々からは、支援を通じて、自分も夢や希望を子どもたちと共有し、毎日を楽しく、生き生き過ごすことができるという声をいただいています。

詳しくは民際センターホームページ
 

【主な事業U】
ラオスの子どもに1000の図書セットを届けるキャンペーン
「Lao-Library1000」
  支援の喜びが、1対1で伝わります
 


図書セットにはご支援者の名前が記載されます。

支援いただいた方のお名前が、英語とラオス語で木箱に記載され、子どもたちに、あなたのご支援であることが直接伝わります。

(木箱には、お申し込み者以外のお名前もご指定いただけます。また、連名で記載することも可能です。)
   
  報告書と写真が届きます
 

支援いただいた方に、それを受け取った時の先生や子どもたちの写真と報告書をお届けします。
   
  本のリサイクルで本を支援することができます

あなたの不要な本が、ラオスの子どもの貴重な本に生まれ変わる環境にやさしく、かつ子どもの教育を助ける支援方法です。

詳しくは民際センターホームページ
   
是非、一口でも多く皆様のご支援をお願いします!