運営母体ご寄付状況 | 感動秘話コーナー よくある質問お問合せサイトマップ
   

特定非営利活動法人

環境修復保全機構

 

環境修復保全機構のHPへ
環境修復保全機構の詳細データ
「植林活動」についてはこちらへ

特定非営利活動法人 環境修復保全機構 とは…

環境修復保全機構は、日本を含むアジア諸国における農業的および都市的開発と自然環境との調和を目指した環境修復保全に取り組んでいます。また、環境教育啓蒙の活動を通して、自然資源の持続的利用に寄与することを目的としています。

現在、アジアにおける環境保全型農業の確立を目指し、草の根レベルの「
環境修復保全活動」及び「自然資源利用活動」、「環境教育啓蒙活動」を展開しています。

その他日本人留学生を対象とした国内外研修、里親ボランティア等を実施しています。
本団体の活動を通して、アジアにおける持続的な発展のあり方を共に考えていきませんか。

 

【主な事業T】

環境修復保全に関する事業

東南アジア諸国では、農業開発に伴って、森林資源が減少するとともに、生物多様性も急速に失われつつあります。
現地住民は自然資源に依存していた生活様式を変えざるを得ず、多くの住民が森林の再生を望んでいます。

環境修復保全機構では、東南アジア諸国において、将来地域を担う子供達を含む地域住民と協働で植林を実施するとともに、森林管理に関する地域住民の知識や技術の向上を図る研修を実施しています。

【写真】

地域住民との里山再生を目指した植林活動
(カンボジア国モンドルキリ州)
【主な事業U】

自然資源の持続的利用に関する事業
東南アジア諸国では、自給自足の農業から商業的農業に転換が進んでおり、化学肥料や農薬のみに依存した農業体系が広まっています。
適切な農薬の希釈方法も分からず施用するなど、現地農家の健康被害が懸念されています。

また過度の化学肥料の施用は土壌物理性・化学性の劣化とともに土地生産性の低下を引き起こしています。

環境修復保全機構では、持続可能な開発目標(SDGs)の普及を目指して、資源循環型農法や身近な自然資源の利活用技術について普及しています。

【写真】
堆肥づくりの指導(カンボジア国クラチェ州)
【活動国】カンボジア、タイ、フィリピン、ネパール
【支援対象者】 子供達を含む現地住民
【支援分野】  環境保全 
 
 
【活動国】カンボジア・日本国内
【支援対象者】
子供達を含む現地住民(カンボジア)
一般市民、留学生(日本国内)
【支援分野】  環境保全 
 
 

【主な事業T】
環境修復保全に関する事業
  環境修復保全に関する事業-1
タイ国東北部の塩類集積地における環境修復保全事業
タイ国コンケン県プラユン地区では、森林伐採に伴い地下岩塩層から可溶性塩類が地表面に上昇することにより、農地土壌において塩類集積が進んでいます、

継続して2016年度も塩類土壌の修復保全とともに、現地農家と協働でアグロフォレストリーシステムを適用しつつ持続的農業の推進に取り組んでいます。
 
  環境修復保全に関する事業-2
カンボジア国モンドルキリ州の里山保全を目指した緑化推進事業


地域住民との里山再生を目指した植林活動
(カンボジア国モンドルキリ州)

収奪的な森林開発により森林減少・劣化が進むカンボジア国最東部モンドルキリ州において、将来地域を担う子供達を含む地域住民と協働で荒廃地に植林し、人と自然が共生する里山の再生を目指しています。

里山再生には、持続可能な開発目標(SDGs)No.15内で掲げられる「持続可能な森林管理」が地域住民の手で進められることが重要であり、具体的には、薪炭材の確保や非木材林産物の収穫等を通し、森林から継続的に利益を得ることが持続可能な森林管理に繋がります。

そのため本事業では植林に加え、地域住民を対象とした持続可能な森林管理に関する研修等も併せて実施しています。
   
  環境修復保全に関する事業-3
カンボジア国クラチェ州における生物多様性の保全を目指した植林事業

現地住民との生物多様性の保全を目指した
植林活動(カンボジア国クラチェ州)
急速な森林の減少と劣化に伴い生物多様性の減少が進むカンボジア国東部クラチェ州において、森林再生を目指した植林事業を実施しています。

同地域は元来非常に豊かな森林と多様な生物相により豊かな生態系を有していましたが、近年は経済開発による大規模な森林伐採や現地住民による違法伐採が進み、現地住民の生計手段となる森林資源の減少や生物多様性への影響が著しい傾向にあります。

持続可能な開発目標(SDGs)No. 15内で掲げられる「持続可能な森林管理」の実現に向けて、本事業では植林活動に加え、持続可能な森林管理に関する地域住民の知識・技術の向上と森林域における環境保全の啓蒙活動を実施しています。
   
  環境修復保全に関する事業-4
タイ国東北部ナコーンラーチャシーマー県において地域住民主導で実践される
コミュニティフォレストリーの支援事業
コミュニティ・フォレストの保全に向けた
植林活動(タイ国ナコーンラーチャシーマー県)
1940年代に60%を越えていたタイ国の森林率は、開発に伴う森林伐採により1985年には30%を下回りました。

1980年代後半からのタイ国政府の森林政策等が功奏し、2000年以降の森林率は37%前後を維持しています。

しかし、この森林率には近年増加しているゴム農園等の人工林が含まれており、依然として生物多様性を有する自然林は減少し続けています。
タイ国東北部ナコーンラーチャシーマー県でも、違法伐採を含む自然林の伐採や森林の管理不足により、森林減少・劣化が著しい傾向にあります。

そこでタイ国ナコーンラーチャシーマー県において、住民主導のコミュニティ・フォレストの保全に向けた植林活動を支援し、生活安定と自然環境および生物多様性の保全を両立できる森林再生・保全システムの確立を目指して活動しています。
 
  環境修復保全事業-5
フィリピン国レイテ島北西部の台風被災地における地域復興を目指した植林事業
ハイエン台風による被災地での
植林活動(フィリピン国レイテ州)
フィリピン国レイテ島は 2013年11月の巨大台風により人命およびインフラに壊滅的な被害を受けました。

台風は現地住民の収入源であるココヤシに大きな被害を与え、多くの人々は生計の手段も失いました。

そこで本事業では、台風被災地における地域復興と、今後の自然災害に対する耐性を高めることを目指して、レインフォレステーションを適用した現地固有種の植林活動を推進しています。
   
  環境修復保全事業-6
ネパール大地震による農山村地域の被災状況に関する実地調査とGISデータベースの作成

NDVIに基づいた地震前後における植生分布の比較
(ネパール国カブレパランチョーク郡)

本研究では、東京農業大学、カトマンズ大学工学部、特定非営利活動法人環境修復保全機構研究センターが協力して、

ネパール国で2015年4月と5月に発生した大地震で被災した農村域(カブレパランチョーク郡)において共同研究を実施しています。


具体的には、現地調査やGIS、リモートセンシング等を利用してGIS データベースを作成し、住居、建造物、農地農業用施設の被害状況の把握と分析を進めています。

これにより災害へのレジリエンスの高い地域をネパール政府に提案するとともに、より持続可能な農村開発が推進できる土地利用方式を提言しています。
 

【主な事業U】
自然資源の持続的利用に関する事業
 

自然資源の持続的利用に関する事業-1
カンボジア国農村域における里地・里山保全による自然資源の持続的活用の促進

里地・里山保全を目指した小学校での
植林活動(カンボジア国コンポンチャム州)

カンボジア国では1990年代以降より自給自足型農業から輸出志向型農業へ転換しつつあり、農業生産量の増大を目指した違法伐採による開墾や化学肥料および農薬の多量使用が問題となっています。

これらは土壌の劣化とともに水環境の汚染を進行させ、農村域における生態系や生活環境にも悪影響を生じています。
そのため本事業ではカンボジア国モンドルキリ州、コンポンチャム州、バッタンバン州の3州を対象として、自然資源の保全や利活用に関する技術と知識を波及し、持続可能な里地・里山保全が実践できる基盤の整備を目指しています。

本年度はコンポンチャム州を中心として、地域住民と協働で植林活動を進めるとともに、森林劣化と森林再生に関するパンフレットを配付して里地・里山保全ワークショップを実施しています。併せて、これら対象の3州においてネットワーキングミーティングを開催しています。
 
  自然資源の持続的利用に関する事業-2
カンボジア王国クラチェ州における自然資源管理と有機農法を軸とした持続可能な農村基盤づくり

第一回ネットワーキング会議後の集合写真
(カンボジア国クラチェ州)


本事業はカンボジア国クラチェ州における自然資源管理と有機農法を軸とした持続可能な農村基盤づくりの推進を目的としています。

具体的には持続可能な開発目標(SDGs)の普及を目指しESDスクールを定期的に開催して、経済性のみを追及するのではなく、自然環境に配慮して農村社会コミュニティの成熟に寄与することの重要性について現地住民の意識を深めていきます。

また、現地の低い識字率を考慮して、クメール語の読み書きや数字の扱いについてもESDスクールで取り上げています。併せて、自然資源管理を進める上で重要となる適切な森林管理のための人材・組織づくりに加えて、非木材林産物の生産についてもワークショップで扱い、現地住民の収入向上を図ります。

さらに森林における生物多様性の改善を図るため現地住民と協働して現地固有種を中心に植林を実施するとともに、化学肥料や農薬の適正な施用方法や代替農法としての有機農法を推進しています。

 
  自然資源の持続的利用に関する事業-3
カンボジア国コンポンチャム州における持続可能な農業生産環境の構築

低化学肥料・低農薬農産物販売所での
販売(カンボジア国コンポンチャム州)

コンポンチャム州の現地農家および小学校クラスターを対象に、
環境に配慮した資源循環型農業を軸とした持続可能な農業生産環境の
構築を進めています。
   
  自然資源の持続的利用に関する事業-4
土に炭素貯金してがっちり地球温暖化防止
地球温暖化問題への対処には、温室効果ガス(GHG)の排出量削減と併せて吸収量増加が必須となっています。

森林分野におけるカーボン・オフセットの取り組みは広がっており、社会的意義もより一層高まっていますが、農業分野における「土壌における炭素貯留(SCP)」に関しては、欧米を中心とした国際社会の関心は高いものの、実際の取り組みはまだ発展途上にあります。

そこで本事業では、地域住民の土壌における炭素貯留(SCP)に関する理解の向上を目指し、温室効果ガス(GHG)の吸収量増加に関する取り組みに参加を促しています。
 
 

自然資源の持続的利用に関する事業-5
「にほんの里100選」の小野路里山を市花サルビアで彩る活動

町田市花サルビアの植花活動
(東京都町田市)

「にほんの里100選」として東京都で唯一選出された美しい小野路里山に位置する「そうめん坂」を中心として、ボランティアと協働し、

多くのハイカー等が訪れる小野路里山の一画を市花サルビアで彩り、小野路里山の魅力をさらに高めることを目指して活動を実施しています。

   
  自然資源の持続的利用に関する事業-6
「にほんの里100選」の小野路里山を毎週末清掃!

「にほんの里100選」として東京都で唯一選出された美しい小野路里山の小道と歩道は、ハイキングコースのみならず地域住民の生活道としても重要な機能を果たしていますが、多摩丘陵の一角に位置するため急傾斜の坂道となっています。

落ち葉が集積した坂道では高齢者や自転車の転倒リスクが増すため、美化のみならず歩行や自転車走行の安全のためにも、定期的な清掃が重要です。

そこで、本団体スタッフが近隣住民や大学生と協働して、小野路里山の坂道におけるゴミ拾いと落ち葉掃きを定期的に実施して、清掃活動を地域に定着させるとともに、地域の美化・安全性向上に加え、地域住民の繋がりの強化を図っていきます。