イベント情報お問合せサイトマップ
         
 
HOME
NGOアリーナとは
寄付受付団体
寄付の仕方
NGOアリーナの活動
リンク
   
NGOアリーナ

北海道プロジェクト
 

国内外にて行ってきた支援事項を、まとまったひとつの支援形態として展開できるモデル構築のため、2009年(平成21年)より、 北海道にて「環境共生モデル構築プロジェクト」を開始しました。

地域の方々の力をお借りしながら、自然と人が共生し共栄できる循環型モデルを求め、活動しています。

 

【主な事業T】
自然共生プロジェクト

世界の貧困問題や環境問題の解決を突き詰めて考えてきた結果、「人の暮らし方(環境共生型ライフスタイル)」に行き着きました。
石油や電気を使わず自分たちで森の手入れをし、間伐材で暖をとることはできるだろうか?
その熱で調理し、お風呂を沸かすことができるだろうか?

使われなくなった田んぼを地域の方々と一緒に復活させ、電気(コンバイン等の機器等)を使わずお米をつくることはできるのだろうか?
様々な試みを行い、地域の方々と、自然と共生する人の暮らし方(ライフスタイル)を構築していくプロジェクトです。
【主な事業U】
自然農 農家さん応援プロジェクト
今農業の分野では、生産性を上げ、また人手不足を補うため、大型機械・農薬・化学肥料に頼らざるをえない状況が多くなっています。
そのような中、できる限り自然界そのものの姿を大切にし、生きものさん達や土の力を信じ、農業を営んでくださっている農家さんを応援するプロジェクトです。

雨や日照不足・台風等、天候不順な状況が多くなる中でも、こうした農法で農業を営まれている農家さんを応援しています。

是非皆様の応援をいただければ幸いです。
【活動国】    日本
【支援対象者】 一般住民
【支援分野】  環境保全 
 
 
【活動国】    日本
【支援対象者】 農民
【支援分野】  環境保全 
 
 

【主な事業T】
自然共生プロジェクト
   もりびと倶楽部(森の再生・暮らしの見直しプロジェクト)


森に入っていきます。

森(もり)を守る、守り人(もりびと)に市民がなっていける、そんな森と共生し生活していけることを目指すプロジェクトです。

「文明の前には森林があり、文明の後には砂漠が残る」という有名な言葉がありますが、現在の日本には、逆に、戦後大規模な植林がされたもののグローバル化経済のもと、価格の見合いがとれず手がつけられなくなってしまった森がたくさんあります。

せっかく保有している森林資源をこのまま朽ちさせてしまうことは、環境上も経済上も大きな痛手となります。

間伐した木を切り出します。
とはいえ、日本の森は急峻なため、重機を入れることができず効率よく安い価格で木を切り出すことができません。

またそのため間伐や枝打ち、ツタの伐採も進まないため、森は細い木が多くなり光が差さないため、鬱蒼とし木は根を張れなくなっています。

そして、木が根を張ることができないと、木の根が土をつかめなくなり、豪雨などが起こった場合、大規模土砂災害になってしまうことが多くなってきています。


そこで、自分たちで森に入り木を切り出し、薪にして暖をいただくことはできないだろうか、
その熱で調理はできないだろうか、その熱でお風呂は沸かせないだろうか、

海外の森を伐採しなくても、日本の森の手入れをしながら石油や電気を使わず暮らしていくことができれば、どんなにいいだろう。
「もりびと倶楽部」はそんな活動です。

 
   田もり倶楽部(休耕田復活プロジェクト)


耕作放棄地を田んぼに戻しています。

使われなくなった田んぼ(耕作放棄地)を復活させる活動です。

米価の低迷や農業者の高齢化等により、日本の耕作放棄地は、年々増えています。


田んぼ(水をはる前)になりました。
「田んぼ」はお米の生産だけでなく、小さな「ダム」として洪水を防いでくれたり、気温の上昇を防いでくれたり、 メダカやカエル等の生き物さんのすみかとなり土を豊かにしてくれたりと、 様々な役割を担っています。

耕作放棄地を田んぼに戻し、なおかつ石油等の化石燃料を使わずお米を作ることはできるのか?

「田もり倶楽部」はそんな活動です。


牧草地になっていた土地を田んぼに戻すため
畦を作っています。

本業の合間に集まるため
雪の中の畦づくりとなりました。
 
*もりびと倶楽部・田もり倶楽部は現在活動の検証期間に入っています。
   次の世代の方々を応援する活動 〜北海道独歩塾〜


本業の合間に集まり研鑽を積んでいます。

自然食料理人の方、木こりさん、大工さん、家具職人の方、パン屋さん、公務員の方、会社員の方、主婦の方、学生さん…

といった様々な職種の20代〜40代の方々と、日本や世界、地域のこと、産業のこと、食のこと、住まいのこと、家族や子育てのこと、地球環境やエネルギーのこと、様々なことを話し合います。



大学講師であり環境経営コンサルタントでもある、古今東西の出来事を見てきた講師の話をきっかけとして、様々なアイデアが出て、 自分自身や地域のことをより深く理解し、良い未来を形づくっていく場となっています。
 

【主な事業U】
自然農 農家さん応援プロジェクト
 

 自然農農家さん応援

食のこと・環境のことを考え活動をしていくうちに、自然農稲作農家さん、自然放牧酪農家さんとのご縁をいただき応援をさせていただくこととなりました。

消費者は安全・安心なものを求めますが、安く、大量に安定的な出荷を求めてしまうと、変化の激しい気象条件の中、
作物であっても化学物質を用い工業製品並みに管理していかないと立ち行かない現実があります。

このため、農家さんの中には、使いたくはないけれど、管理のし易さ・安定性等々様々な面から、農薬・化学肥料に頼らざるをえない方々も多くいらっしゃいます。

土の中には、人の腸内にいる善玉菌と同じように、様々な菌や生き物さんたちがいて、それらが土を豊かにしてくれています。

生き物さん達を愛し、土を愛し、化学物質に頼らない農業を営まれている農家さんの応援を行っています。

   

私たちは自然界から、おいしい「空気」「水」「食べもの」、
その他 暮らしに必要な様々なものをいただいて、
そのお返しに、一体何ができるだろう。

 

 

 

考えてみた。
やってみた。
壁にぶつかった。
それでもまた
やってみた。

答えはまだ
みえてこないけど

 

 

 

いつの間にか、
取り組みに
加わってくれる
仲間ができた。

答えは
少しずつ
見つかってきた